クレアチンを多く含む食品は?

クレアチンといえば、筋トレをしている人ならば誰もが知っているような筋肉増強において欠かせない成分です。

 

サプリメントを利用することでクレアチン補助をしている人も多いですが、食品から摂取することはできないのでしょうか?

 

クレアチンを多く含む食品について調べてみました。

 

<豚肉はクレアチンの宝庫>

 

クレアチンは、トレーニングの際に筋肉のパフォーマンスを上げてくれる成分として知られいますが、特別な成分というわけではなく、そもそも人間の体内で合成されるアミノ酸なのです。

 

ですから、体内には一定量のクレアチンが貯蔵されていたりと、私たちの身体にとって筋トレをしている人でなくても必要な成分と言えます。

 

ということは、クレアチンはサプリメントなどで摂取するから得られるというわけではなく、当然一般的に食べる食品からも摂取できる成分ということがわかります。

 

クレアチンを多く含んでいる食品の中でも、含有量が豊富で有名なのが豚肉です。

 

そもそも肉類にはクレアチンが多く含まれているのですが、その中でも1s当たり5gのクレアチンが含まれる豚肉が一番というわけです。

 

このことを見ても、クレアチンは日常的に摂取できる成分と言えます。

 

<食品からクレアチンを摂取する際に注意すること>

 

クレアチンが多く含まれる食品は、肉や魚など割と一般的に食卓に上るものが多くあります。

 

先に挙げた豚肉が一番クレアチンが豊富ですが、その他にクレアチン含有量が高くて有名なのは牛肉です。

 

牛肉には、クレアチンはもちろん必須アミノ酸が豊富に含まれているため、筋肉や骨格の形成にとって必需な食品とも言えます。

 

確かに豚肉より脂分が少ないため、牛肉の方が脂質を気にせずに摂取することができますが、赤身の牛肉を摂取しすぎると消化に影響が出ます。

 

そうなると、体力が消耗しやすくなるので、そのあたりも注意が必要です。

 

また、肉類ほどではありませんが、魚にもクレアチンは多く含まれています。

 

そのなかでも特に含有量が多いのは、アジやサケなどです。

 

場合によっては、1kg当たり10g含まれるものもあったりと実は見逃せない食品であったりします。

 

魚からクレアチンを摂取するメリットは、刺身で食べれるということです。

 

つまり生食ができるといいうことは、熱に弱いクレアチンにとってメリットが高いと言えるのです。

 

このように身近な食品からクレアチンを摂取することが可能なのですが、クレアチン目的に大量に摂取してしまうと、その他の栄養が偏ったり、脂質の取りすぎとなってしまい、健康に悪影響が出たり、減量している人にとっては体重が増えてしまったりしてしまいます。

 

そのあたりは十分に気を付けて体調や体質と相談しながら摂取する必要があります。

 

 

<食品とサプリメントでバランスよく>

 

筋トレをサポートするアイテムとしてクレアチンは欠かせないものですから、バランスよく摂取したいというのはトレーニングしてる人なら誰もが考えることです。

 

もちろん、バランスのいい食生活でクレアチンを多く含む食品を摂取するというのも重要なことですが、食べてばかりというわけにはいきません。

 

となると、食品だけでクレアチンを十分に摂取するというのは難しい面もあります。

 

そこで補ってくれるアイテムがサプリメントです。

 

クレアチンを補助するサプリメントは、Amazonや楽天のほかドラッグストアなどでも販売されています。

 

メーカーによってそれぞれ特徴があったり、飲み方等に違いがあるので、普段の食生活や体質などに合わせて選ぶとよいでしょう。

 

食品とサプリメントとの組み合わせで、合理的にクレアチンを補給しながらトレーニングに励むことができるのでいい結果を運んでくると言えます。

 

サプリメントも種類によっては非常にお得に買えるものもあるので、様々な種類を比べてみることをおススメします。

 

>>【DCCサプリ】ドラッグストアでの取扱いはあるの?